当院について

平成28年度 長野松代総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 73 190 189 204 394 533 1146 1990 1653 592

平成28年度中に当院を退院した患者さんの、年齢を10歳刻みで集計した患者数です。

当院は長野医療圏の急性期基幹病院として、幅広い年齢層の患者さんを診療しています。 高齢化社会を反映して、全国的な傾向と同様に高齢者の入院が多くなっています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 88 18.28 21.25 6.82 86.11
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 58 13.76 12.43 3.45 78.05
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2なし 31 5.45 7.24 0.00 55.39
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 25 5.92 5.50 0.00 60.84
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 22 17.64 19.24 4.55 80.55

当院内科での入院患者の上位4疾患が感染症すなわち誤嚥性肺炎、尿路感染症、細菌性あるいはウイルス性腸炎で占められています。 これは入院患者さんの大半を高齢者が占めているためです。

出来るだけ住み慣れた場所に戻れるよう、また入院によりADLの低下が懸念されますので、早期治療、早期退院を目指しています。 ただ高齢者の誤嚥性肺炎、尿路感染症は繰り返します。患者さんのさらなる高齢化とも合わせ、難治例もあり転院率も増加しています。

神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 13.92 - -
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 18.71 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし - - 12.43 - -
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 9.36 - -
050340xx99xxxx その他の循環器の障害 手術なし - - 11.42 - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

手足がふるえ、動きが遅くなるパーキンソン病は、100人に1人と決して少なくない病気です。 肺炎や尿路感染症、ストレスなどで悪化するため、短期間集中リハビリ入院をします。 一方、発熱・頭痛・頸部痛などで発症する髄膜炎・脳炎・ギランバレー症候群などの急性発症の病気や、悪化を予防することが必要な多発性硬化症は、早期発見、早期治療が大切です。 専門医が常にいる病院であれば検査、治療が早く行えます。

神経内科には数時間~数日の急性期治療と数年~数十年の慢性期治療の重要な病気が混在し、いずれも検査、点滴治療、リハビリが重要です。 特に慢性期治療は、長野市内・長野県内の急性期病院とリハビリ病院などが連携を取り合い、最良の治療が受けられるようになっています。

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 66 23.15 21.25 4.55 86.29
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 36 28.00 19.92 2.78 77.39
030250xx990xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1なし 24 2.00 3.63 0.00 60.67
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 22 13.32 12.43 0.00 75.64
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 21 14.33 12.35 0.00 68.48

高齢化社会を反映して、入院患者の平均年齢は当科でも上昇の一途をたどっています。 加齢による嚥下機能の低下は誤嚥性肺炎を引き起こし、その入院数は増える一方です。 介護者も高齢・単身である割合が増えており、退院調整に多くの力を注いでいます。 高齢者の特徴の一つですが、基礎疾患は一臓器にとどまらず、多臓器にわたる不具合を総合的に治療する観点が呼吸器内科にも求められています。 かかりつけ患者の発熱は、それが尿路感染症であっても最初は主治医が治療にあたるため、尿路感染症の入院患者数も多くなっています。 もちろん、呼吸器内科に特化した疾患として、間質性肺炎・肺炎の入院加療も数多く行っています。 昨今は間質性肺炎に対する抗線維化剤を積極的に導入する傾向にあり、間質性肺炎の入院患者数は数年前と比べて増加しています。 肺がんに対する免疫チェックポイント阻害薬や、第3世代チロシンキナーゼ阻害薬等の有効な治療薬が次々と開発されているため、肺がん患者の治療も数年前とは大きく変わり、年齢によらず身体活動性を重視して、積極的に治療を行っています。 入院日数が全国平均と比べて長期になっているのは患者の年齢層が高いことが一因と思われます。

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 70 3.43 3.06 0.00 71.73
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 51 16.90 17.95 5.88 83.08
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 30 17.80 12.43 6.67 83.43
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 9.23 4.71 0.00 73.55
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 17.90 21.25 5.00 81.05

狭心症に対してカテーテル治療を行なっただけでは生命予後は改善しません。治療後に適切な運動療法を継続して行う必要があります。 当科では、カテーテル治療後に理学療法士とともに適切な運動療法を2~3回実施し、退院後も継続していただけるよう指導しています。 このため全国平均と比較して、カテーテル治療の入院日数が長くなっています。

循環器疾患以外も多数診療しています。心不全、尿路感染症、誤嚥性肺炎などは高齢者が多いため、療養型病院へ転院となる場合があります。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 102 2.10 7.20 0.00 76.43
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 57 2.12 7.89 0.00 74.44
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 9.18 11.06 9.09 77.86
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 21 5.90 8.70 0.00 73.10
060245xx99xxxx 内痔核 手術なし 15 2.00 4.90 0.00 77.67

当院消化器内科では、上部・下部内視鏡検査、腹部超音波検査、CT、MRI、内視鏡的胆管膵管造影検査を積極的に行い、食道・胃・大腸・肝臓・胆管・胆嚢・膵臓疾患の発見に努めています。 消化管出血止血術や総胆管結石採石術、早期食道がん、早期胃がん、大腸早期がんの内視鏡的切除、肝腫瘍に対するラジオ波焼灼法、閉塞性黄疸に対する内視鏡的ステント留置術も症例に応じ行っています。 また、切除不能な進行がんに対する化学療法や緩和療法も行っています。

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 10 2.70 5.50 0.00 7.30
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 6.42 - -
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 5.79 - -
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし - - 6.02 - -
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.83 - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

小児科一般の疾患に対して、入院治療を行っています。 家族の負担などを考慮して、可能な限り早期退院できるようにしており、平均在院日数は全国平均より短くなっています。

外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 定義副傷病なし 51 4.00 4.41 0.00 68.69
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 35 8.54 7.61 0.00 62.29
060035xx99x70x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等27あり 定義副傷病なし 26 4.31 4.84 0.00 72.81
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 10.68 9.08 0.00 72.91
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 19 4.53 6.88 0.00 65.42

直腸がん化学療法、結腸がん化学療法、胃がん化学療法、胆嚢炎

当科では進行・再発大腸がん(結腸がん・直腸がん及び胃がん)に対し積極的な化学療法を行っております。 化学療法センターでの外来治療も行っていますが、特に高齢者では入院で化学療法を行うことで、多職種によるきめ細やかな管理が可能となり、より安全に治療が継続でき、生存期間の延長にも寄与しています。 化学療法を受けられる患者さんの平均在院日数は全国平均より短くなっています。

食生活の欧米化などにより胆石症、胆石性胆嚢炎は頻度の高い疾患となっています。 急性胆嚢炎に対し当院では救急部門と外科の連携により迅速な対応をとっており、治療患者数の多い疾患となっています。 また、肝がんの外科的治療も積極的に行っています。

乳腺・甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 97 4.30 4.64 0.00 60.92
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 31 16.71 6.59 0.00 60.16
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 24 12.00 9.27 0.00 49.25
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 15 21.07 10.30 0.00 71.27
100140xx99x00x 甲状腺機能亢進症 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15 14.73 11.23 0.00 46.00

乳がんは、女性に発生するがんの1位となっており、年間約6万人が発症し約1万人が死亡しています。 当院ではマンモグラフィ、超音波検査による1次、2次検診も全て引き受けていますので、年間3,000件以上行っています。

乳がんの治療は、専門医を中心としたセンターで行っています。乳房再建は1次、2次を行っています。 比較的早期あるいは早期に近いがんが多く、当院の乳房温存率は約60%となっています。術後の合併症も無く、内分泌化学療法を行って予後の向上に努めています。 再発された方に対しては、心のケアを含めた緩和ケアも行っています。 術後のリハビリテーションや化学療法も合わせて行うこともあるので、在院日数は長くなっています。

甲状腺がんは、年間約30~40例の手術症例を扱っており、長野県では大学病院に次ぐ実績があります。 乳頭がんが95%以上を占めるため、10年生存率は95%以上と良好です。合併症もほとんどありません。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 147 11.16 11.91 0.00 29.40
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 123 35.03 26.26 1.63 76.81
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 100 20.37 20.57 17.00 79.88
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 66 33.62 24.42 4.55 68.92
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 65 3.06 6.92 0.00 70.32

整形外科では、膝、肘等の手術目的で入院される患者さんが最も多くなっています。 スポーツ外傷は当院整形外科の柱の一つで、膝、肘、肩関節障害の治療に長年にわたる実績があります。 専門の医師および医療スタッフが治療にあたっており、手術が必要な靭帯、半月板損傷や骨折による患者さんが多く入院治療されます。 このため若年層の患者さんが多く術後も短期に退院されて学業、仕事に復帰されています。 退院後も早期に外来で見ていくため転院などはほとんどありません。

これに次いで、変形性膝関節症の患者さんが多く入院されています。 手術治療後、良好な膝機能を獲得して退院されるよう術後も専門的にリハビリを行いますので、1か月前後入院されています。 このため術後転院されるケースはほとんどありません。

次いで脊椎を骨折される方が多く入院されています。高齢の患者さんが転倒などで受傷されるケースが多いため在院日数が比較的長くなることが多いです。 当院では脊椎脊髄の治療も専門的に行っています。 中には手術が必要になるケースもあり細小侵襲手術等でできるだけ患者さんの負担を軽減できるよう配慮しつつ治療を進めています。

続いて多いのが変形性股関節症の患者さんです。 手術治療後は専門的にリハビリを行い、痛み無く安定した自立歩行を獲得して退院されるので、1か月前後入院されています。

また脊椎疾患に対して手術治療も含めて検討が必要な方に1泊2日の脊髄造影検査を行っております。 検査翌日にご家族も一緒に検査のご説明と今後の治療方針について十分時間をとってご相談させていただいています。

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 71 27.04 16.54 7.04 74.48
010070xx99000x 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 38 12.97 7.62 0.00 73.03
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 33 28.82 18.76 9.09 76.33
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 31 3.84 3.20 0.00 69.42
010070xx99001x 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病あり 26 18.08 13.80 3.85 81.35

エダラボン(ラジカット)は脳梗塞急性期に投与する薬で、投与患者数が多いデータになっているということは、発症早期から治療を開始できているものと考えられます。 平均年齢が全国平均より3歳ほど高くリハビリ治療に時間を要し、平均在院日数が長めです。 そのため、心不全や呼吸障害を合併している患者さんも多くなっています。 急性期治療後、療養型病院への転院となる事もあり転院率は7~9%となっています。 脳虚血発作などの脳循環不全の患者数も多く、一方、検査入院(アンギオ入院:脳血管撮影入院)は患者さんに負担がかからないように短期入院で対応しています。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.96 - -
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし - - 11.97 - -
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 3.64 - -
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 - - 10.70 - -
120030xx99x0xx 外陰の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし - - 11.23 - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

当院皮膚科では、通院治療が主体です。 かつて入院することが多かった高齢者の帯状疱疹も、治療薬の改善や鎮痛療法の進歩などにより、通院で治療できることが多くなりました。 今日、入院対象となる帯状疱疹は、それでも痛みなどの症状が強い場合や、排尿障害などの合併症がある場合などにほぼ限られています。 皮膚の良性・悪性腫瘍などで手術目的に入院する例もかつては多くありましたが、最近は形成外科に依頼することが多くなっています。

入院事例の多い膿皮症は、そのほとんどが蜂窩織炎で、四肢などの軟部組織に細菌感染を起こした方です。 そのほか、薬剤過敏症やハチ刺されにともなうアナフィラキシーショックなどで入院される方がおられます。 緊急入院となる場合もあります。これらの疾患については、内科や整形外科・形成外科での入院となる場合もあります。

入院期間は、必要最低限とすることを目標としており、全身的な問題が改善し在宅療養が可能となった時点で基本的には退院としています。

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
110200xx04xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的レーザー前立腺切除術 66 8.17 7.78 0.00 71.62
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 40 5.80 5.83 0.00 58.75
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 37 5.59 7.44 0.00 75.97
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病なし 17 8.71 14.67 0.00 63.35
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病なし 16 3.00 5.25 0.00 62.63

当科ではレーザーを用いた先端治療を行っています。

前立腺肥大症に対してはHOLEP(ホーレップ,経尿道的レーザー前立腺核出術)を行っています。 利点として、出血が少ないため輸血の可能性が低い、大きな前立腺でも治療できる、再発が少ない、などがあります。

尿管結石に対してはf-TUL(エフ - ティーユーエル,軟性尿管鏡を用いたレーザー手術)を行っています。 体外衝撃波結石破砕手術(ESWL,イーエスダブルエル)は比較的簡単な治療ですが、結石の大きさや固さによって治療効果にばらつきがあり、複数回の治療が必要になることも少なくありません。 TULの利点は確実な砕石、結石の摘出がその場でできる、などがあります。 また、膀胱腫瘍に対しては初期治療として経尿道的切除術(TUR-Bt)を行っています。

心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 111 1.74 3.34 0.00 62.77
050170xx99100x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 3.59 - -
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 3.22 - -
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 5.85 - -
050170xx97000x 閉塞性動脈疾患 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 14.06 - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

心臓血管外科では幅広く心臓血管疾患の診療をいたします。 手術は血管外科手術を中心に行っています。 日帰り入院も行っている事から、平均在院日数は全国平均より1.5日以上短くなっています。 下肢静脈瘤については専門外来を開設して、最新のレーザー機器を導入して診療にあたっています。 下肢血流障害(閉塞性動脈硬化症)についてはバイパス手術を中心に、カテーテル治療も行っています。 慢性腎不全患者さんにおきましては人工血管を用いた内シャント作成術などで維持透析のサポートをさせていただきます。

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 13 6.77 9.44 0.00 69.54
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - 10.05 - -
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし - - 12.29 - -
120140xxxxxxxx 流産 - - 2.43 - -
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 - - 10.36 - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

当科の患者さんの特徴としては高齢婦人の骨盤臓器脱患者(膀胱瘤、子宮脱等)が年々増加しています。 近隣の病院に比べ積極的に手術療法を行ってますが、患者さんのQOLを考慮してペッサリー療法で外来管理している患者さんも多くみられます。

一般的な婦人科腫瘍に関しても積極的に取り組んでおり、患者さんの希望によっては子宮温存するような子宮筋腫核出術や子宮頸部上皮内腫瘍の子宮頸部(円錐)切除術を選択しています。

耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 65 5.40 6.38 0.00 64.25
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 55 7.71 7.47 0.00 54.40
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 40 5.28 5.50 0.00 38.48
030428xxxxxxxx 突発性難聴 40 7.80 9.37 0.00 58.10
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 29 6.21 5.24 0.00 59.38

入院は、扁桃炎からめまい、突発性難聴と耳鼻咽喉科全般の疾患を取り扱っております。 当科では内耳障害の治療も行っています。

形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 14 3.36 3.44 0.00 70.50
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 11 9.73 8.78 0.00 76.27
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.46 - -
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 5.80 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 5.11 - -
※10未満の数値の場合は表示していません。
  • 眼瞼下垂症
    下垂の生じる原因に応じて適切な手術方法を選択しており、平均在院日数は全国平均より短くなっています。 加齢や、花粉症、コンタクト・レンズの装用などの機械的刺激により生じる腱膜性の眼瞼下垂症では、ゆるんでいる腱膜を瞼板に糸で固定し直すことで、まぶたが開けやすくなります。
  • 皮膚良性腫瘍および骨軟部の良性腫瘍
    脂肪腫や粉瘤など良性の皮膚・軟部腫瘍では、大きなものや出血しやすく術後に安静を要する場合には、入院の上切除手術を行っています。 なるべく目立たない傷跡になるよう縫合法を工夫し、アフターケアを行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 16 - - 36 - 10 1 7
大腸癌 10 17 10 93 11 54 1 7
乳癌 29 61 38 - 11 21 1 7
肺癌 11 19 19 27 - - 1 7
肝癌 - - - - - 33 1 7
※10未満の数値の場合は表示していません。 ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

日本で最も罹患数の多い5つのがん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)について病期(ステージ)毎の延べ患者数を集計しています。 1人で3回入院される場合は、実数ではなく延べ患者数のため3人となります。 大腸癌の再発患者さんは54人となっていますが、実患者数では10人程です。

当院は表に示したがんの他にも、甲状腺がん、膵がん、腎がん、卵巣がんをはじめ、幅広く診ています。

また、より安心で質の高いがん治療を目指し、外科治療、化学療法、緩和療法を受けるすべてのがん患者さんを対象に、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、理学療法士、医療ソーシャルワーカー(MSW)などがチーム体制をとる「がんサポートセンター」を設置し、患者さんおよびご家族を、他職種によるチームが様々な方向から支援しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等
患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 32 8.13 51.84
中等症 115 15.93 81.19
重症 20 18.90 83.65
超重症 - - -
不明 - - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

市中肺炎の重症度はA-DROPなる指標で検討されます。 5つのチェック項目すなわちA(Age、年齢、男性70歳以上、女性75歳以上)、D(Dehydration、脱水あり)、R(Respiration、低酸素血症)、O(Orientation、意識障害あり)、B(Blood Pressure、収縮期血圧90mmHg以下)の頭文字をつなげたものです。 スコア0(いずれも当てはまらない)を軽症(外来治療)、1~2を中程度(外来または入院治療)、3を重症(入院治療)、4~5を超重症(ICU治療)として推奨される治療を簡便に判断できるようにしています。

当院の状況は、肺炎患者170名中、軽症は19%、中等症68%、重症12%、超重症1%となり、入院加療が必要な方が全体の80%近くを占めています。 A-DROPが示すように、高齢者すなわち男性70歳以上、女性75歳以上はすでにスコアが1となります。 それに加え食事がとれなくなると容易に脱水となりスコア2つまり外来または入院治療です。 これが高齢者肺炎では重症化しやすい背景であり、積極的な入院加療が必要な根拠となっています。

脳梗塞のICD10別患者数等
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均
年齢
転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 90 8.70 66.38 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 221 34.12 78.16 18.33
その他 19 32.21 78.53 1.67
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 36 18.81 78.50 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

超急性期治療のrt-PA静注療法や早期リハビリテーションも行い、早期回復、症状軽快を目指して治療を行なっており、治療実績は県内有数です。 脳卒中の急性期治療を担っており、脳梗塞などの発症日から3日以内に入院される患者数が非常に多いデータとなっています。 平均年齢も高くなっています。 TIA(一過性脳虚血発作)やVBI(椎骨脳底動脈循環不全症)も脳卒中の前駆症状であり、次に多い患者数となっています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 14 1.00 9.71 0.00 75.71
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - 12.13 - -
K664 胃瘻造設術経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - 23.17 - -
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) - - 7.50 - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - 4.17 - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

総合診療科としての当科は消化器系疾患の患者さんも多く入院されています。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍を始めとする上部消化管出血に対する止血術、胆管炎や総胆管結石の患者さんへの内視鏡的治療は消化器内科と協力して行っています。

循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 24 3.92 6.54 0.00 73.50
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 14 0.14 15.21 7.14 73.86
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 10 7.20 12.20 0.00 81.30
K597-2 ペースメーカー交換術 - - 11.88 - -
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの - - 11.67 - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

急性冠症候群(急性心筋梗塞や不安定狭心症)に対しては、直ちに緊急カテーテル治療を実施できるよう24時間体制で対応しています。 当院では開心術を実施していませんので、急性冠症候群の緊急処置後に、開心術を実施できる病院へ搬送する場合もあります。

一般内科業務も行なっていますので肝胆道系疾患を診療する場合もありますが、内視鏡的な手術は消化器科へ依頼して実施してます。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 111 0.98 1.11 0.00 75.41
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 18 3.94 8.28 11.11 73.61
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 17 4.88 7.53 5.88 79.59
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 12 6.17 13.33 16.67 73.42
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超える)(その他) 12 1.25 4.00 0.00 72.25

当院消化器内科では、上部・下部内視鏡検査、腹部超音波検査、CT、MRI、内視鏡的胆管膵管造影検査を積極的に行い、食道・胃・大腸・肝臓・胆管・胆嚢・膵臓疾患の発見に努めています。 消化管出血止血術や総胆管結石採石術、早期食道がん、早期胃がん、大腸早期がんの内視鏡的切除、肝腫瘍に対するラジオ波焼灼法、閉塞性黄疸に対する内視鏡的ステント留置術も症例に応じ行っています。 また、切除不能な進行がんに対する化学療法や緩和療法も行っています。

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 44 1.09 3.09 0.00 66.91
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 44 2.41 5.95 0.00 61.61
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 14 1.07 5.79 0.00 46.36
K6335 鼠径ヘルニア手術 13 2.54 3.69 7.69 65.69
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 11 6.64 19.91 9.09 76.64

当科における手術件数順に,腹腔鏡下ヘルニア手術,腹腔鏡下胆嚢摘出術,腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術となります. そけい部ヘルニアは,一般的に頻度の多い疾患です. 腹腔鏡手術では前日入院,手術後3日で退院・社会復帰可能であるため,手術希望者には迅速に対応しており,結果,手術件数が多くなっています. 胆石症,胆嚢炎は生活習慣の変化などに伴い年々増加しており,腹腔鏡下胆嚢摘出術の適応患者も増えています. 当院では急性胆嚢炎に対しては,ガイドラインに準じ早期手術を導入しています. 結腸悪性腫瘍(結腸がん)に対しては原則としてステージIIIまでは腹腔鏡下手術の適応としております. 術後の回復が,従来の開腹手術に比べ早く,高齢者でも2週間以内に早期退院可能となっています.

上位3疾患以外では、胃がんに対する胃切除・胃全摘術、胆道がん・膵がんに対する膵頭十二指腸切除、肝がんに対する肝切除など高難度手術を安全に行い、良好な成績を得ていることが当科の特徴です。

乳腺・甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 31 1.97 13.74 0.00 60.16
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 19 1.95 9.05 0.00 48.89
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 18 1.94 18.72 0.00 70.72
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満) 14 0.00 1.00 0.00 57.21
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(胸筋切除を併施しない) 14 1.79 20.64 0.00 66.43

乳がんで高齢者あるいは合併症等で全身麻酔下で出来ない症例も有り、局所のコントロールを目的に局所麻酔下で行う場合が増えています。 又、悪性腫瘍か良性腫瘍の確定診断のために行う腫瘍切除術も、入院にて安全に行っています。 乳がんの患者さんの平均年齢は、全国平均と比べて7歳から10歳ほど高くなっています。

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 195 2.72 31.21 2.56 74.06
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 64 0.22 3.44 0.00 49.52
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 59 7.41 32.56 35.59 80.81
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 53 2.72 14.60 0.00 61.83
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 46 1.00 15.87 0.00 26.85

当院の整形外科は、人工関節センターで一貫した治療を行なっており、20年以上にわたり年間約 200 例近くの実績があります。 両側同時手術も多く行っていますので患者数より人工関節手術数が多くなっています。 次いで術後患者さんの固定金具の除去手術が多くなっています。 変形性膝関節症で中高年の方で痛みが強くなってしまった場合活動性が高く人工膝関節置換術は早すぎて摩耗破損の可能性が高いので、難易度は高いですが当院では高位脛骨骨切り術(HTO)を行います。 次いで多いのは御高齢で転倒をされて骨折された方の手術です。 大腿骨骨折は手術治療にて歩行が可能となることが多いため全身状態によりますが可能な患者さんは手術治療を積極的に行っています。 上腕骨骨折も上肢の挙上が出来なくなる場合があるため必要な患者さんには手術を行います。 基盤には高齢による易転倒性と 骨粗鬆症がありますので適切に状態を評価し術後にリハビリを患者さんに合わせて行っています。 術後の身体能力の回復に時間がかかる場合が多いため4割弱の方は退院後も訓練を要するため、リハビリテーション主体の病院へ転院されています。 次いで転倒により橈骨遠位端骨折を受傷された方の手術を行っています。骨癒合が得られてから不要となった固定金具は抜釘しています。 またスポーツ外傷で 前十字靭帯断裂に対する前十字靭帯再建術は県内トップの手術数を行っています。 再建靭帯が生着した後に不要となった靭帯固定金具を抜去しています。このため通常よりかなり若年者に骨内異物除去術が行われています。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所 26 3.08 40.42 19.23 65.12
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 21 7.81 25.05 0.00 76.10
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 20 8.25 34.10 15.00 75.75
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 14 48.14 20.79 35.71 80.86
K1742 水頭症手術(シャント手術) 11 7.64 38.09 9.09 80.45

当科のKコード別では動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈)と脳動脈瘤頸部クリッピングの手術件数が多いのが特徴です。 脳卒中の患者さんが多いため、脳卒中関連の手術件数が多く、予防的外科治療も行なっています。 また、正常圧水頭症に対するシャント手術も、比較的手術件数が多いです。 その他、脳出血や脳腫瘍、頭部外傷に対しても手術を行なっており、総計では年間150-180件程度の手術を行なっています。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術 ホルミウムレーザーを用いるもの 66 1.03 6.14 0.00 71.62
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 44 1.18 3.91 0.00 57.91
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 40 1.70 4.25 0.00 75.28
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 21 0.24 5.86 0.00 65.29
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 15 1.00 1.13 0.00 57.07

当科ではレーザーを用いた先端治療を行っています。

前立腺肥大症に対してはHOLEP(ホーレップ,経尿道的レーザー前立腺核出術)を行っています。 利点として、出血が少ないため輸血の可能性が低い、大きな前立腺でも治療できる、再発が少ない、などがあります。

尿管結石に対してはf-TUL(エフ - ティーユーエル,軟性尿管鏡を用いたレーザー手術)を行っています。 体外衝撃波結石破砕手術(ESWL,イーエスダブルエル)は比較的簡単な治療ですが、結石の大きさや固さによって治療効果にばらつきがあり、複数回の治療が必要になることも少なくありません。TULの利点は確実な砕石、結石の摘出がその場でできる、などがあります。 また、膀胱腫瘍に対しては初期治療として経尿道的切除術(TUR-Bt)を行っています。

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 83 0.00 1.66 0.00 74.67
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 14 0.00 2.43 0.00 75.29
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの - - 1.75 - -
K279 硝子体切除術 - - 2.33 - -
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - 3.00 - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

当科では、幅広い眼科疾患に対応できるよう診療体制、検査機器を整えています。 総合病院における眼科診療の役割として全身疾患を有する患者さんや他科との連携を取りながら診療する必要のある患者さんなどを中心に、白内障、緑内障、糖尿病網膜症を中心に眼科全般の疾患に対応しています。

耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 60 0.98 5.78 0.00 57.97
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 18 0.89 6.44 0.00 16.06
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 15 1.00 5.80 0.00 57.07
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) - - 5.71 - -
K454 顎下腺摘出術 - - 5.75 - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

当科では慢性副鼻腔炎などに対する、内視鏡下鼻・副鼻腔手術に力を入れております。

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 128 0.00 0.78 0.00 63.85
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 - - 17.67 - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - 22.50 - -
K617-2 大伏在静脈抜去術 - - 0.50 - -
K6093 動脈血栓内膜摘出術(その他) - - 8.00 - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

心臓血管外科では幅広く心臓血管疾患の診療をいたします。 手術は血管外科手術を中心に行っています。下肢静脈瘤については専門外来を開設して、最新のレーザー機器を導入して診療にあたっています。 下肢血流障害(閉塞性動脈硬化症)についてはバイパス手術を中心に、カテーテル治療も行っています。 慢性腎不全患者さんにおきましては人工血管を用いた内シャント作成術などで維持透析のサポートをさせていただきます。

形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 10 0.60 6.00 0.00 75.60
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) - - 1.88 - -
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 - - 2.25 - -
K2172 眼瞼内反症手術 皮膚切開法 - - 1.50 - -
K2193 眼瞼下垂症手術 その他 - - 2.17 - -
※10未満の数値の場合は表示していません。
  • 皮膚悪性腫瘍手術
    切除により大きな組織欠損が生じる場合には、皮弁法や皮膚移植により傷をふさぎます。整容面に配慮した治療を行っています。
  • 皮膚、皮下腫瘍摘出摘出術
    脂肪腫や粉瘤など良性の皮膚・軟部腫瘍では、大きなものや出血しやすく術後に安静を要する場合には、入院の上切除手術を行っています。 なるべく目立たない傷跡になるよう縫合法を工夫し、アフターケアを行っています。
  • 眼瞼下垂症手術
    下垂の生じる原因に応じて適切な手術方法を選択しています。 加齢や、花粉症、コンタクト・レンズの装用などの機械的刺激により生じる腱膜性の眼瞼下垂症では、ゆるんでいる腱膜を瞼板に糸で固定し直すことで、まぶたが開けやすくなります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 請求率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 21 0.30
180010 敗血症 同一 30 0.43
異なる 24 0.34
180035 その他の真菌感染症 同一 10 0.14
異なる 17 0.24
180040 手術・処置等の合併症 同一 24 0.34
異なる - -
※10未満の数値の場合は表示していません。

「播種性血管内凝固(DIC)」とは、様々な基礎疾患を原因として血管内に血栓を形成し、それにより凝固因子が消費されて、その結果出血傾向を呈する重篤な病態です。

「敗血症」も、尿路感染などの感染症を起因として、菌が血中から全身にまわる重篤な病態です。

「その他の真菌感染症」は副鼻腔真菌症、肺真菌症等の患者さんがここに含まれます。

「手術・処置等の合併症」は後出血、透析シャント閉塞、人工股関節脱臼などの偶発的な病態です。 入院後にこれらを来す事はまれですが、医療は本質的に不確実なところもあり合併症を生じる可能性はゼロではありません。 合併症や偶発症が起これば、もちろん治療には最善を尽くします。

更新履歴
2017/9/30
公開
お問い合わせ先

JA長野厚生連

長野松代総合病院

〒381-1231

長野県長野市松代町松代183

TEL:026-278-2031

FAX:026-278-9167

お問い合わせ